【訳あり現品】狼牙ワックスコード編みネックレス - 15636zhb
本物の牙をワックスコードで編みこんだペンダントです。 <牙サイズ:約4.7cm 程度…
【表示現品】狼牙ワックスコード編みネックレス - 15633zhb
本物の牙をワックスコードで編みこんだペンダントです。 <牙サイズ:約4.3cm 程度…
狼牙メダルペンダント(ゴールド) - 15631zhb
狼の顔のメダルと中型サイズの牙のコンビネックレスです。 牙のサイズは 3.5cm 程…
狼牙メダルペンダント(シルバー) - 15630zhb
狼の顔のメダルと中型サイズの牙のコンビネックレスです。 牙のサイズは 3.5cm 程…
【表示現品】狼牙メダルペンダント - 15635zhb
立体的な狼ののメダルが印象的な牙のペンダントです。 牙のサイズは約3.5cm 程度で…

サメの歯とお守り

ファッションアイテムとしてのサメの歯

ハワイやオーストラリアなどの観光地にあるお土産物屋などで良く見かけるのが、サメの歯を使った ペン ダントネックレスや、ブレスレット・アンクレットなどのアクセサリです。
サメ歯ネックレスは、男性の強さと精力、男らしさと誇りのシンボルと して長く採用されました。

サメの歯を使ったファッションは、70年代にサーファーの若者たちを中心に世界中で広く人気を得、サメ歯を利用したアクセサリは、サーファー文化の中では 長い間常に定番でした。近年では、カッコよさからサーファーはもとより、ヨットやダイビング、釣りを楽しむ海好きの人々の間 で人気が再燃しています。

パトリック・スウェイジ サメの歯ネックレス
(90年代のサーファーをテーマにした映画「ハートブルー」のパトリックス・ウェイジ)

サメには一般的に人を襲う最も恐ろしい海の生き物というイメージがあります。
映画の"ジョーズ"は、このイメージを不動のものにし、以降サメが人を襲う!凶悪な人食いざめをヒーローが退治する!といったストーリーの恐怖映画が多数 ヒットしています。時として報じられている「サメが人を襲った」というニュース記事などもその恐怖感があおられます。しかしながら、実際にはサメが人と襲 う事は、一般的に想像されているよりもはるかにまれです。

この恐ろしい海の生物は捕食行為において、極めて卓越した能力を発揮することは良く知られています。
何キロも先から、血のにおいをかぎつけて集まり、一瞬にして獲物をとらえてかみちぎるその顎 "JAWS" は凶暴さと力のシンボル的な存在であり、サメの歯もまたその象徴と言えるでしょう。

サメの顎には、常に何列にも並んだ新しい歯が並んでおり出番を待っています。古い歯が抜け落ちる都度、新しい歯が前にせり出し、生きている間常に新しい歯 に入れ替わります。
ほとんどのサメは一度の食事で1つか2つの歯を失うため、効率的にこの武器を最新状態にできるよう準備されています。
サメには臼歯等はありません。サメは「かみちぎって丸のみ」するため、食品を咀嚼するための臼歯を必要としません。サメの歯は、もっぱら"噛み裂く"ため に作られます。

大きく美しいサメの歯、その中でも希少価値の高い「ホホジロザメの歯」は、それ自体がジュエリーとして価値を持ち、サイズと完全性、形などにより高値で取 引されています。


今では男性だけではなく、女性が身につけるアクセサリとしても定番的になっており、有名ブランドもテーマで取り上げるなど、オシャレなファッションアイテムとして定着してしています。



有名ファッションブランドによるサメの歯アクセサリ
(2012年 GIVANCHY のコレクションと VOGUE Paris 2012年4月号)


個人的にはもっと小さめのかわいいサイズの物をさりげなく付けているのが好みなので、ハリウッドセレブのカジュアルな感じで身につけているのが素敵です・・・・


小型のサメの歯ペンダント  かわいいサメの歯ペンダント



“かわいいのにちょっと危険”・・・な感じがとても良いです。



サメの歯 H&M
(H&M のコレクションより)

カップルでお揃いにするのもいいですね。



お守りとしてのサメの歯

古くは、中世のヨーロッパでは、当時もっとも用心が必要だった"毒"による暗殺から身を守る手立てとし て、貴族たちの間で化石のサメの歯がお守りとして利用されて いました。
また、世界中のあらゆる地域において、古代の戦士たちは、強さと勇猛さの象徴としてペンダントとして身につけていました。

今でも、ある地方では「サメの歯をポケットに入れて常に持ち運んでいると、良いことがある」と幸運のお守りとされています。
海洋民族であるニュージーランドのマオリやトンガ、サモアなどポリネシアの人々からは、古来より人を襲う巨大なサメは"taniwha" と呼ばれて恐れ られていたとともに、同時に外敵を恐れさせる守護者として尊敬の念を持って扱われてもいました。
沖縄の海人たちの間では、自ら捕獲したサメの歯に名前を彫りこんで、海のお守りとして身に付けた・・という話も聞いたことがあります。(今で言うところの 「獲ったど~!」ですね。)

最近では、もっとも一般的なのはサーファー等の間で「サメよけのお守り」と いう考えでしょう。
とりわけ「一度でも噛まれた事のある人は、その自分をかんだサメの歯」を身につけることで2度と襲われないようにという願いを込めて身につけるものという のが一般的です。


またしても登場のF1レーサーのシューマッハ氏、牙もの好きですので当然ながらサメの歯もお好みのようです。
サイズも大きく、ホホジロザメの歯や化石の歯のようです。
シューマッハさんはサメの歯ペンダントもお好き


いうまでも無いことですが、サメの歯が何らかのお守りになるというのは単なる言い伝え、都市伝説にすぎません。。。
おしゃれなファッションアイテムとしてお楽しみください。