【訳あり現品】狼牙ワックスコード編みネックレス - 15636zhb
本物の牙をワックスコードで編みこんだペンダントです。 <牙サイズ:約4.7cm 程度…
【表示現品】狼牙ワックスコード編みネックレス - 15633zhb
本物の牙をワックスコードで編みこんだペンダントです。 <牙サイズ:約4.3cm 程度…
狼牙メダルペンダント(ゴールド) - 15631zhb
狼の顔のメダルと中型サイズの牙のコンビネックレスです。 牙のサイズは 3.5cm 程…
狼牙メダルペンダント(シルバー) - 15630zhb
狼の顔のメダルと中型サイズの牙のコンビネックレスです。 牙のサイズは 3.5cm 程…
【表示現品】狼牙メダルペンダント - 15635zhb
立体的な狼ののメダルが印象的な牙のペンダントです。 牙のサイズは約3.5cm 程度で…
  • サメの歯アクセサリ(Shark Teeth) サメの歯アクセサリ(Shark Teeth)

    鮫の歯は、漁師は元よりダイバーやサーファー、ヨットマンなどの間では定番的なお守りです。
    海を旅する民や漁師にとっては、幸運と安全をあたえるものと考えられています。
  • オオカミの牙アクセサリ (Wolf Fang) 本物の牙アクセサリ (Fang)

    狼などの野生生物の牙などを使ったペンダントやブレスレット類です。サメの歯や熊の爪同様、恐れの対象となる「海の主」「山の主」とみなされる動物の象徴的なパーツは、あらゆる部族において魔よけとして、あるいは幸運のお守りとして戦士たちに好んで用いられています。
  • フィッシュフック (Hei-Matau) フィッシュフック (Hei-Matau)

    デザインに富んだ釣り針の形は、マオリなど海洋民族にとって共通の深い尊敬を伴う「強さ」と「権力」のシンボルです。
    海を旅する民や漁師にとっては、幸運と安全をあたえるものと考えられています。
    マオリの人々は単なる釣り道具である釣り針に様々な装飾を施すことで、海の生命に対する尊厳の気持ちを表しました。
  • コル (Koru) コル (Koru)

    らせん状のコル(Koru)は、ニュージーランドで多くみられる植物のシダをイメージしています。
    成長に従い巻いていたシダの葉が開いていく様子から、「新しい生命の誕生」や「世界の純粋さ」のシンボルとしてとらえられています。
  • ツイスト (Pikorua) ツイスト (Pikorua)

    ツイストによって十字に重なるその形は、生命や人生おける出会いと交わりをイメージしています。
    またいうまでもなく、終わりがないこの形は永遠のシンボルでもあります。
  • 伝説上の生物 (Tiki,Manaia) 伝説上の生物 (Tiki,Manaia)

    ニュージーランドの先住民族"マオリ"の間では、様々な神話が語りつがれており神話や逸話の中に登場する生き物たちは多くの場合恐れの象徴として、あるいは部族の守り神として装飾品や建築の中で生き生きと表現されています。
  • 海の生き物 (Whales/Dolphins/etc) 海の生き物 (Whales/Dolphins/etc)

    カヌーを使って海を旅し漁を行うマオリの人々にとって、海はまさに母のような存在です。
    そこに暮らす様々な生き物に対して、マオリの人々は象徴的な意味合いを感じ尊敬をもって接してきました。
  • マオリカルチャー (Tiki,Manaia) マオリカルチャー (Tiki,Manaia)

    ニュージーランドの先住民族"マオリ"のライフスタイルでは、男たちは鍬や棍棒、髪飾り用の櫛などをモチーフにしたペンダント類を身にまとい魔よけやお守りの意味合いと共に大変おしゃれに身を飾っていました。